読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランニュー・トーキョー

新しい物事が大好物。興味を惹かれた新しいモノやサービスについて、使用前の妄想と使用後の感想を書くのがメイン。今ぞっこんなのはApple Watch Series2。それと、東京生活日記。

AirPodsレビュー!Apple WatchやSiriと組み合わせてできること

新しい物事 ガジェット:Apple

2016年12月19日、筆者の家にもAirPodsが届いた。早速レビュー。

 

箱。

f:id:kurage0001:20161219200755j:image

 

開封。AirPodsの入っている充電ケースは本当に小さい。若い人には分からないであろう表現で済まないが、充電ケースの縦横の表面積は仁丹のケース並み*1。5円玉と比べて頂くと少しは分かるかと。

f:id:kurage0001:20161219200811j:image

 

チンアナゴ全容。

f:id:kurage0001:20161219200823j:image

 

開封して充電ケースの蓋を開けるといきなりiPhone6にこの画面が。早っ!

f:id:kurage0001:20161219200856p:image

 

iPhone6のロックを解除するともうこの画面。

f:id:kurage0001:20161219200914p:image

 

そして接続ボタンをポチっとするだけでもう接続完了。

f:id:kurage0001:20161219200931p:image

 

この時、Apple WatchをiPhoneと接続していると、iPhoneとAirPodsが接続された時点でApple Watchも既に接続されている。本当に何もしなくてよくて楽。

早速Air Podsを両耳に嵌め、プレイリストを指定すると、音楽が流れだす。これはApple Watchの画面。画面下の丸いゲージは音量を表していて、Apple Watchの竜頭を回せば音量調整ができる。めっちゃ便利。

f:id:kurage0001:20161219200951p:image

 

ちなみに、iTunesで買った音楽の場合、ジャケット画像がApple Watchにも表示される。星野源「恋」はジャケットの色が真っ黄色だから操作画面にもぼんやり黄色が写っているのだ。操作画面で曲の題名当たりの場所をタップするとジャケ写に切り替わる。ジャケ写画面をタップすると操作画面に戻る。

 f:id:kurage0001:20161219201003p:image

 

 

AirPodsは片耳を外すと自動的に一時停止になる。マジめっちゃ便利。

再生中に、

f:id:kurage0001:20161219201022j:image

片方を耳から外すと一時停止。

f:id:kurage0001:20161219201034j:image

再び耳に嵌めると再び音楽が流れだす。

 f:id:kurage0001:20161219201044j:image

いやーこれは便利過ぎてもう止められんわ。

 

充電はケース越しにLightning。

 f:id:kurage0001:20161219201052j:image

 

Siriとの連携

AirPodsの片方どちらでもよいので、指で二回トントンってタップ?してやると、Siriが起動する。これは便利。今まで機械に話しかけるのか気恥ずかしくてSiriを無効にしていたのだが、やっとブレイクスルーできそうだ。

トントンって叩くところはたぶんここ。

 f:id:kurage0001:20161219201103j:image

トントン→「次の曲」で、次の曲に行ってくれる。

f:id:kurage0001:20161219201110j:image

トントン→「ジャズが聴きたい」で、ジャズのプレイリストを呼んでくれる。

f:id:kurage0001:20161219201117j:image

他にも、トントン→「明日の予定は?」とか、トントン→「東京駅へ行くにはどうすればいい?」とか、Siriが答えてくれる内容であれば何でもできる。

ただ、トントン→「歌詞を表示して」は出来なかった。iOSのミュージックアプリだと普通に歌詞が表示されるのに。。

f:id:kurage0001:20161219201126j:image

 

気になる人がいそうな点

音質は?→筆者は耳バカなのであんまり音質の良し悪しは分からなくて申し訳ないが、AirPodsの音質は普通に良く感じる。筆者が良く感じるという事は、どっちかって言うと高音の音質が良いという事だ。低音がズンドン鳴っている印象はないが、ミュージックアプリのイコライザー機能などで調整すれば何とかなるんじゃね?て感じ。

映像との遅延は?→YouTubeで何曲か「歌ってみた」を視聴したが、遅延は感じられなかった。

運動すると落ちるんじゃ?→確かにちょっと緩いような気もするので、EarPods用のスタビライザーをポチった。 

 

おわりに

AirPods、めっちゃ便利だ。従来の左右が繋がったイヤホンにはもう戻れない。何度も言うが、従来の繋がったイヤホンはコードが絡まったり何か他のものを取り出す時にコードごとついてきたりして非常に厄介だった。

AirPodsなら、仁丹並みの大きさのケースに入り、そのケースで充電もしてくれるのだ。そしてそのケースへの充電はモバイルバッテリー等を使えばいい。

 

下記の記事も是非参照して頂きたい。筆者がAirPodsを物凄く欲しかった理由を熱く語らせて頂いた。

blog.brand-new.tokyo

*1:分厚さは全然違うけど。

follow us in feedly